MENU

職場内で不倫が発覚!不倫に強要などのパワハラやセクハラで解雇は?

職場内で不倫が発覚!不倫に強要などのパワハラやセクハラで解雇は?
広告を含みます
目次

職場内で不倫が発覚!不倫に強要などのパワハラやセクハラ

職場内で不倫が発覚しても、不倫に強要などのパワハラやセクハラを伴わない限り、個人の問題が理由で解雇は難しいといわざるを得ません

ただ、職場の規則やパートの契約書などの、職場の風紀秩序を壊乱したか、そのおそれがあるというところに抵触すれば解雇もないわけではありません。ほとんどは言葉だけでの注意であって、処罰といえるようなものはなしで済んでいるようです。

浮気と不倫、そして不貞行為は裁判でも証拠があれば認められます。 違いがあるのをご存知ですか。

いわゆる不倫というのは、男女双方か片方に配偶者がいることが絶対条件で、婚姻関係にあるのに他者と性的な関係を持っていることを言います。

ですから不倫の場合、相手にも配偶者にも慰謝料を求めることができます。先回りして探偵に依頼して浮気の確かな証拠を入手し、賠償請求を相手に突き付けることにより現実を見せ、きっぱりと別れさせるような利用法も少なくないです。

同窓会出席を契機に、配偶者が不審な行動をするように

職場内で不倫が発覚!不倫に強要などのパワハラやセクハラで解雇は?

かつて好きだった人と気軽に喋れたり、同じ学校で席を並べていたという気易さから異性であることをあまり意識しないため、やすらぎ感が好意に変わりやすいのだそうです。同窓会出席を契機に、配偶者が不審な行動をするようになったら、不倫か、その一歩手前にいるのかもしれません。浮気で生まれたいわゆる婚外子でも、認知を求めることは可能です(民法779条)。

戸籍に名前が記載されるだけでなく、子の養育費の支払いにも関わるため、親子関係では非常に重要な手続きとなります。認知ときいて浮気相手が逃げてしまった場合、裁判になることもあります。つまり子供ができてからでは遅く、その前になんとか不倫をやめさせないと、家庭のライフプランが大幅に狂う被害も生じかねません。

たとえ出来心でも浮気をしてしまったら、向こうの奥様から、不倫の慰謝料請求が送りつけられてくることは浮気の場合、当然ありえることです。一般的に慰謝料というと、あちらが離婚しないか、したかによって差があります。離婚に至っていないにもかかわらず高額すぎる慰謝料請求があった場合、すぐ返事をせず、弁護士に相談するべきです。

配偶者の不倫行為が発覚したら、取り敢えずマズイ対応をしてしまわないためにも、気持ちを静めて冷静になることを優先しましょう。もしあなたが相手の不倫を赦すことができないなら、離婚と慰謝料といった問題も出てきます。

相手と話し合いの場を設け、これからどうするかしっかり考えていくようにしましょう。

探偵の浮気調査で代金支払いトラブルとか

職場内で不倫が発覚!不倫に強要などのパワハラやセクハラで解雇は?

どちらに理由があるのかはケースバイケースのようですが、探偵による浮気調査で、代金のことでトラブったなんてこともあるみたいです。

事前に説明があった料金以外に諸経費や高額の別料金が盛り込まれたり、契約を破棄しようものなら、依頼者都合によるキャンセル代がかかることがあるのです。

トラブル防止のために、正式に依頼する前に確認することを強くおすすめする次第です。

そのときの説明で納得がいかなければ、違う業者を当たったほうが良いでしょう。 探偵業者と一口に言っても、中には怪しいサギまがいの業者が存在するので、安易に依頼せずにクチコミなどをみて検討し、堅実な会社に依頼すべきです。また、不倫の追跡調査等でも、短時間で済む場合もあれば、その逆もあります。どのような調査でどれくらい時間と料金がかかるのか、説明をしてもらって納得できたら依頼しましょう。 不倫は家庭も人も壊します。

そのような中で傷ついた人の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。 専門家の手を借りて不安やマイナスの感情を取り去りながら、無理なく精神状態の回復を図ることができるでしょう。

最も身近な人物に欺かれていたために、離婚後も異性を生理的に受け付けなくなるとか、人生に希望を見いだせなくなることも多いようです。それに、旦那婦でもう一度やり直したいと考えている場合も、利害の絡まない相談者がいたほうが、うまくいくことが多いです。

本人たちにとっては遊びのつもりでも、不倫行為の代償というのはけして安くはありません。パートナーがどういう態度をとってくるかによって大きな差が出てくるとは思いますが、結果的に離婚せざるを得なくなったり、養育費や慰謝料の支払いが生じたりもします。不貞行為が明るみに出れば、金銭的賠償だけでなく、社会的制裁さえ被りながら、これからを生きていかなければなりません。

子育てが落ち着き、周りも勧めるのでパートを始めたんですけど、子育てのことで親身になってくれた男性社員さんと、浮気してしまいました。

子育てが落ち着くまではと、何年も専業主婦してきていたせいか油断があったのでしょうか。

挙動があやしいと、旦那も早いうちに気づいたみたいで、先方の奥さんや勤務先の知人などから裏付けをとられ、両家ともに離婚。

そして双方が慰謝料を請求される事態になりました。

配偶者の浮気がわかったら、当然ながら慰謝料を要求しても良いのです。 ただ、当人たちだけで話し合うと、権利争いや感情面での言い合いになって、話がややこしくなりがちです。

時には裁判を起こさなければいけないでしょうし、そうなれば弁護士に相談し、問題のスムーズな進展を目指していくとよいでしょう。

主人が帰宅後や休日に携帯でよく誰かとメールするようになったので、不倫もあるかもしれないなと疑うようになっても当然でしょう。

相手が誰かだけでも知りたくて、携帯の履歴を見ようとしたのですが、ロックしてあって、わかりませんでした。かくなる上は探偵しかないだろうなと思ったものの、主婦のへそくりもないので、いまだに踏ん切りがつきません。

素行調査を頼もうと思ったら、最低限、相場というものは

不倫を疑って、プロに素行調査を頼もうと思ったら、最低限、相場というものは知識として身に着けておきましょう

割高な請求を顧客の悩みに便乗して行うところに引っかからないためにも必要なことです。それに、一律料金や割安料金で安心感を与え、諸経費やレンタル料などを請求したり、割高な支払いを要求されることもあるので、追加料金の発生条件等も、しっかりチェックしておかなければなりません。

特に不倫調査なんて要らないと考える人は多いです。とはいえ不倫は些細なことから始まるので、女性の気配のないような会社でも用心すべきです。そういったところの方が、数少ない女性の存在というのは目立つものです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次